住宅ローンの借入金額について

家を建てる時、購入する時にほとんどの人が借入をします。

借入、それは借金をすると言う事なのです。

住宅ローンの審査が通り、承認がおりた~と喜ぶかもしれませんが、これから返していかなきゃいけない事を

忘れないで下さい。

銀行から、いっぱい借入してしまうと当然その後の生活が苦しくなってしまいます。

大事なのは、返済期間と返済額です。

ほとんどの人が、35年返済ですが、退職までに返済を終わらせるように考えていくと、もっと短い返済期間になります。

自分の返済できる金額を借入することが大事なのです。

借入できる金額も大事ですが、返済できる金額が一番大事!

今、賃貸住宅に住んでいて、赤字にならず生活できていれば、

今の家賃+光熱費=返済金額にしても大丈夫です。

(山野内建設のZEHは光熱費が0円なのです。)

無理のない住宅ローンを組むと言う事が非常に大事です。

住宅の営業マンもファイナンシャルプランナーも、困っても助けてくれません。

同じ年収でも、家族構成や生活スタイル、価値観などが人それぞれ違います。

どのくらい家のローンにあてれるかです。

私が思うには、余裕があった生活ができると良いと思います。

家を建てたから、、、と好きな旅行も、車も、外食、趣味も35年間我慢できますか?

山野内建設の造る家の提案は、満足な家に住めて、大好きな旅行も、車も、外食も趣味も楽しめます。

前田がお教え致します。

ご連絡下さい。