2×4工法

ツーバイフォー工法とは

ツーバイフォー工法とは、北米大陸で最も一般的な木造住宅の建築工法で、 正式には「枠組壁工法(プラットフォームフレーム工法)」と言います。2x4%e5%b7%a5%e6%b3%95-pdf-adobe-acrobat-pro-dc
ツーバイフォー工法の原型が日本にはじめて登場したのは明治時代、西洋化の波とともにアメリカから渡ってきました。この工法は北米で完成され、わが国に導入が図られたものですが、気候・生活習慣が異なる国で生まれ育ったものであるため、わが国の条件に適合させるための検討、あるいは時代とともに変化する住宅に対する要求の高度化や、多様化に対応してゆくための技術開発等が必要とされました。
しかし、北海道の気候はどうでしょうか?この北米の工法は、とても参考になるのではないでしょうか? 当時の代表的な建物のひとつが、あの札幌の時計台です。
北海道の厳しい自然環境のなかで百年以上の時を経て、今なお時を刻むその姿はツーバイフォー工法の優れた性能が日本でも十分に発揮されることをみごとに実証しています。
そして、枠組壁工法は、わが国においても建設する業者数、実績戸数の増加が見られ、これに合せて枠組壁工法に関する研究も進められました。こうした状況を踏まえ、昭和49年に枠組壁工法に関する技術基準が告示され、わが国においても、在来工法と並ぶ一般的工法として認められています。

耐震性に優れ、地震や、台風、火事に強い!

ツーバイフォー工法は、枠材(断面サイズが2×4インチの製材)と構造用合板の組み合わせによる面構造で、荷重を一点に集中させることなく分散させるため耐震性・耐風性に優れ、その上、枠材が合板や石膏ボードに覆われていているため延焼しにくく耐火性が高い構造になっています。
当社の建物は、耐震等級3を満たしており、また、省令準耐火構造として、火災保険等でも有利になることがあります。

高気密・高断熱で、北海道の気候に最適!

枠材と構造用合板面材により強い壁・床・屋根を構成するので、高い強度と気密性を持ち、ゼロエネ住宅などスマートハウス(自家発電する設備を持ち、発電電力と消費電力を効率良くエネルギーマネジメントする住まいのことです。)にうってつけの工法です。

北海道函館市五稜郭町19番15号2F TEL 0138-55-0776 山野内建設

PAGETOP
Copyright © 山野内建設 All Rights Reserved.